授乳・出産と新型コロナウイルス(COVID-19)について保健医療専門家と話し合い、十分に情報を知ったうえでの選択を

授乳・出産と新型コロナウイルス(COVID-19)について保健医療専門家と話し合い、十分に情報を知ったうえでの選択を

Categories: News From LLLI, 日本語

(2020年2月19日メディアリリースと3月4日、12日、27日改訂した情報源Breastfeeding and Coronavirusのアップデート)

問い合わせ: zion@llli.org
(2020年4月16日) ノースカロライナ州ローリー

ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル(LLLI)は、多くの皆様から、出産・授乳と新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新情報の問い合わせを受けています。生まれたばかりの赤ちゃんも、月齢の高い赤ちゃんも、そして、新型コロナウイルスが検査で陽性であろうとなかろうと、すべての赤ちゃんにとって授乳の選択は引き続ききわめて重要であると認識しています。家族が出産や栄養法の決定をするにあたっては、母乳を飲ませる利点と母乳を飲ませないリスクをよく知っておくことが非常に大切です。

母乳を飲ませることで、赤ちゃんは病気になりにくくなり、病気になっても軽くすみます。

LLLIはCOVID-19陽性であっても、出産後すぐに母乳を飲ませるという世界保健機関(WHO)の推奨を支持します。検査で陽性になったり、同居の家族が陽性になったりしたお母さんは、赤ちゃんに母乳を飲ませることが大切です。初乳の中の免疫物質を得るために、すべての新生児が出産後1時間以内に授乳を始めることができるよう支援されることが、非常に重要です。

授乳中に病気になった場合、医学的に必要があるとき以外は、授乳を中断しないことが大切です。家族のだれかがウイルスにさらされた場合、赤ちゃんもさらされています。授乳を中断することは、実際には赤ちゃんが病気になるリスクを高めたり、病気が重くなったりする可能性があります。

授乳ができないほど重症なお母さんは、赤ちゃんがそれでも母乳が飲めるように、手でもしくは搾乳器で母乳をしぼることを支援される必要があります。それができない場合、ドナー母乳(訳注:母乳バンクからのもらい乳)を使うことをWHOは次善の選択肢として推奨しています。ドナー母乳にも免疫物質が含まれているからです。健康状態が改善したら、赤ちゃんが直接授乳に戻れるような支援と、母乳分泌の再開に関する情報提供が必要です。

WHOは、COVID-19陽性の人の妊娠・出産・授乳に関する最新の情報を出しています。情報は以下のサイトから見られます。
https://www.who.int/news-room/q-a-detail/q-a-on-covid-19-pregnancy-childbirth-and-breastfeeding

(訳注:WHOは母乳を飲ませたい女性に対して、授乳中にマスクをして呼吸器衛生(咳エチケット)に気を付けること、赤ちゃんにふれる前後に手を洗うこと、ふれた表面をきちんときれいにして消毒することを注意点として挙げています)

LLLIは、家族が、知識のある保健医療専門家と話し合って、信頼できる情報を知ったうえで決めることを奨励しています。情報は次のリンクから得られます:
https://www.llli.org/covid-19-references/

私たちは、新しい情報が出るたびに情報源を最新のものにしていきます。ひんぱんに最新情報をチェックしてください。